• ホーム
  • クラミジア感染症の検査について

クラミジア感染症の検査について

落ち込む女性

「クラミジア」とは、日本では一番感染者数が多い、性感染症の病気です。
10代~20代の方の感染が多く、男性よりも女性の方の方が感染率が高いとされています。

クラミジア感染症には、いくつかの種類があります。
性行為による感染と、口腔内で感染する咽頭クラミジアなどがあります。

陰部は性行為などで感染して、咽頭の方はオーラルセックスにより感染します。

クラミジアは、自覚症状が乏しくて、ひどくなるまで気づかず放置してしまうケースが多いです。
女性は、おりものの量が少し増えたり、性交後に少量の出血が起こる程度といわれています。
しかし、症状が悪化して卵管炎を起こすと、不妊の原因となるので、注意が必要です。
男性の場合も自覚症状が少なくて、軽いかゆみや不快感がある程度です。

潜伏期間は男性女性ともに、1~3週間で、パートナーのどちらかが症状を訴えて、医療機関に受診するならば、自分も疑いがあるので、早急に検査をしてもらいましょう。

クラミジアの検査は、男性は泌尿器科、女性は産婦人科で行えるので、少しでも気になることがあれば、医療機関に受診しましょう。
検査の方法は、性器、または咽頭からの分泌液を採取して、検査に出し、一週間ほどで結果が分かります。

クラミジア感染症に感染していた場合の治療は、男性も女性も抗生剤の服用となります。
処方された日数分は飲み忘れなく、服用しなければ治癒しませんので、注意が必要です。

又、治療後に、治癒確認のために、内服終了後の約3週間~1ヵ月空けて、再検査を行う必要があります。

クラミジア感染症に感染しないために、日頃からコンドームなどの使用が予防となります。
パートナーがいて、性交渉を行う方は、症状がなくても定期的な検査を行うことをお勧めします。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧