• ホーム
  • クラミジアの感染性と顕微鏡写真による判定

クラミジアの感染性と顕微鏡写真による判定

クラミジアの感染性を確認する方法としては即日検査としては男性の場合は採尿による検査が行われていて、女性の場合は子宮の入口の細菌を確認する検査が行われます。
クラミジアの感染性と確認するための検査方法としては精度が低いので、より精度の高いPCR検査を行うほうが確実だとされています。
顕微鏡写真などで確認する場合には検査の設備が限られているので、時間がかかる場合があるのですが、クラミジアに感染した状態を放置するよりも安全です。
クラミジアは感染性が強いのでパートナーのどちらかが感染すると何度も感染を繰り返すという特徴があります。

顕微鏡写真などで確認をして、治療をしたとしてもパートナーが治療をしていないと何度も感染を繰り返してしまって耐性菌が発生することもあります。
抗生剤による治療が行われるのが一般的なのですが、治癒する確率は90%程度なのでクラミジアの細菌が残っている場合には他の抗生剤を服用して治療をします。
顕微鏡写真などで確認をする場合は実際に細菌の数などが確認できるのですが、時間がかかるので基本的には血中クラミジア抗体の検出が行われています。

治療は抗生剤の内服が基本となりますが、最低でも10日程度の継続した服用をしなければならないので、症状がなくなったからといって服用を中止することは危険です。
また服用後に検査をして細菌の有無を確認しなければ、治療が完了しないので、セックスをする場合には必ずコンドームをして粘膜の接触を防がなければなりません。
またパートナーも一緒に治療をしなければあまり意味が無いのでクラミジアに関する理解を深めることも大切で、それによってお互いの体を細菌感染から守ることができます。

関連記事