• ホーム
  • クラミジアになってしまったらまずは病院へ

クラミジアになってしまったらまずは病院へ

悩む女性

クラミジアの自覚症状は男女によって異なります。
男性は排尿時の痛み、さらりとした膿、残尿感や下腹部の違和感、女性はおりものの増加、下腹部の違和感、性行時の痛みや不正出血そして下腹部の痛みになります。
素直に自覚症状が出れば、病院に行きやすいのですが男女どちらとも自覚症状がでにくい性病です。
このような自覚症状を感じたらすぐにでも治療を開始しましょう。

クラミジアの治療は非常に簡単です。
抗生物質を服用するだけで良いです。
陽性反応が消えるまで服用しなければなりませんので、途中で病院に行くのを止めるというのは絶対やめてください。
陰性反応が出て、医師から完治したというお墨付きがない限り、治療は完了しませんので、最後まで抗生物質を服用し、病院に通い続けることが大切です。
症状が出ている場合は、もちろん保険を使うことができます。
保険を使うと病気の名称がわかり、クラミジアに感染したことが知られるのではないかという懸念を抱く人もいるでしょうが、病名まではわかりません。
しかし病院を利用したことがわかりますので、適当な言い訳を考えておくと良いでしょう。

先程も述べたように、クラミジアは自覚症状が出にくい性病です。
実は感染していたけれど、そのままになっていたという人も多いです。
特に女性は自覚症状が出るケースが少なく、放置しておくと不妊や骨盤内炎といった重症化するケースもあります。
よって不特定の人と性行為をした、もしくは過去にそのようなことがあったという場合は検査を受けておくと良いでしょう。
本来は新しいパートナーと一緒に検査を受けるというのが推奨されますが、難しいのが現状です。
自宅で検査できる検査キットもありますので、そのようなものを利用しましょう。

関連記事
人気記事一覧